御船山楽園

江戸時代から続く由緒正しき庭園

江戸時代から続く由緒正しき庭園

「御船山楽園」は、佐賀県武雄市にある、江戸時代より続く庭園。現在は、国指定記念物に選定されています。ここでは四季折々の花が注目されていますが、特に春はソメイヨシノやヤエザクラなどの桜や、久留米や霧島などのつつじ、秋は紅葉のライトアップが見どころです。その広さは約15万坪と広大で、1日居ても飽きることがありません。

自然の形をそのまま生かした光のアート

自然の形をそのまま生かした光のアート

2019年7月12日から11月4日までは期間限定でチームラボとのコラボによる幻想的なライトアップが開催されていました。こちらは2019年時点で5回目の開催となり、「かみさまがすまう森」をテーマにしたアートと自然のコラボレーションは、幻想的で優美な世界を作り出しています。

自然とアート、人々が共鳴する幻想的な世界に注目

自然とアート、人々が共鳴する幻想的な世界に注目

庭園内に存在する遺跡や廃墟の味を生かし、水面や滝、森全体を使ったアートが魅力的。 訪れた人は、自然に溶け込む形で作品に触れることができます。自然がもたらす悠久の美には思わず心を奪われてしまうこと間違いなし。人々の呼吸に合わせるかのように光の演出が楽しめるイベントなので、ぜひ足を運んでみてください。

アクセス

佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100

関連リンク

関連スポット

© 2018 ANA Sales Co., Ltd.