弘道館

日本遺産にも登録!最大規模の藩校

日本遺産にも登録!最大規模の藩校

第9代藩主徳川斉昭が推進し、藩政改革の重要施策のひとつとして開設された施設。天保時代、当時の藩校としては最大規模で、学問・武芸から医学・薬学・天文学などまで幅広い分野の武士教育が行われていた場所です。 このことから、徳川斉昭が教育に力を入れていたことがうかがえます。のちにこの弘道館を舞台に「水戸学」が発展し、後の吉田松陰や西郷隆盛など多くの幕末の志士にも大きな影響を与えたのだとか。 本瓦葺きの正門は日本遺産に指定されています。

タイムスリップできる、ノスタルジックな弘道館

タイムスリップできる、ノスタルジックな弘道館

藩校当時の空気感が残る、レトロな弘道館。 玄関前にある山桜は、4月上旬に美しい花を咲かせます。文武を学びに行くがてら、美しい桜に思いを馳せてみては。 また、この場所では「水戸の梅まつり」も開催され、満開の梅の花に囲まれた絶景が見られます。

アクセス

茨城県水戸市三の丸1丁目6−29

関連リンク

関連スポット

© 2018 ANA Sales Co., Ltd.