川越氷川神社

夏の川越を彩る、二千個の風鈴に願いを込めて

夏の川越を彩る、二千個の風鈴に願いを込めて

「縁むすびの神様」として広く知られる川越氷川神社では、夏の風物詩として毎年賑わう祭事「川越氷川神社 縁むすび風鈴」を、2019年 7 月 6 日(土) から 9 月 8 日(日)まで開催いたします。夏の間、川越氷川神社に飾られた風鈴には願いごとを書いた木の短冊を結ぶことができます。 昼は澄んだ美しさ。夜は幻想的な輝き。境内に飾られたガラス製の江戸風鈴、その数は二千個以上。よく見ると色も形も、そして音もそれぞれ異なります。お参りされた皆さまに良いご縁が運ばれますように。(画像提供元:川越氷川神社)

夏ならではの楽しみ

夏ならではの楽しみ

縁むすび風鈴の開催時、神社では数量限定で夏らしい涼やかな柄のお守りが頒布されます。また境内にある鎮守の杜のカフェ「むすび café」では、風鈴に見立てたガラスの器に入ったスイーツも人気です。

ここは、まるで天の川

ここは、まるで天の川

1500年以上前に創建された川越氷川神社の由緒を記した古い文書には「光る川の伝説」が残っています。この由緒にならい「縁むすび風鈴」の期間中、19時から21時まで、夏空の天の川に見立てて境内の小川に光を灯します。 地下からあふれでるご神水が流れる小川に無数の光ファイバーを設置した、夜空にきらめく天の川のような幻想的な空間をお楽しみいただけます。

アクセス

埼玉県川越市宮下町 2-11-3

関連リンク

関連スポット

© 2018 ANA Sales Co., Ltd.