国指定名勝 会津松平氏庭園
戻る

国指定名勝 会津松平氏庭園

福島県会津若松市花春町8−1

江戸時代の趣が残る大名型山水庭園

江戸時代の趣が残る大名型山水庭園

鶴ヶ城の近くにある、回遊式の借景園と、各種薬草を栽培する薬草園が揃った施設。 昭和7年には、徳川時代の代表的な大名型山水庭園として国の名勝に指定されています。写真は、「楽寿亭と紅葉」。紅葉の時期は大変有名で、気軽に散策できます。 心字の池を囲むように自然が広がっており、ボタンやハス、シュウメイギクなどの植物を鑑賞できますが、特に女滝から見る庭園の景色が綺麗です。近くには薬草鑑賞ができる植物園があるので、立ち寄ってみましょう。 (写真提供元:国指定名勝 会津松平氏庭園)

由緒正しき建物が点在

由緒正しき建物が点在

他にも、作法にこだわらずお茶が楽しめる「御茶屋御殿」や、松平容保の孫であり、秩父宮に嫁がれた秩父宮妃勢津子殿下ゆかりの建物である「重陽閣」、数寄屋風茅葺の平屋が見事な「楽寿亭」など見所は豊富です。 (写真提供元:国指定名勝 会津松平氏庭園) (TOP写真提供元:国指定名勝 会津松平氏庭園)

関連リンク

気になる写真をライクしよう
© 2018 ANA Sales Co., Ltd.