喜多院

着物を着て訪れたい、川越の歴史ある寺院

着物を着て訪れたい、川越の歴史ある寺院

「喜多院」は埼玉県にある天台宗の寺院で、建立されてから約1200年の長い歴史が培われています。客殿や書院など、建物のほとんどが重要文化財に指定されて、寺宝にも貴重な美術工芸品が多くあります。院内にあるいくつかの庭園は緑が広がっており涼しげで、眺めているだけでも心が癒されるスポットですよ。

見頃の長い情緒あふれる紅葉

見頃の長い情緒あふれる紅葉

秋には紅葉が鑑賞できるので、多くの観光客が訪れます。喜多院の紅葉は、11月中旬~12月上旬と見頃が長いのが特徴。しっかりと手入れされた庭園に広がる優美な紅葉は、誰しもが目を奪われます。

喜多院の五百羅漢は人気の観光スポットに

喜多院の五百羅漢は人気の観光スポットに

車安全祈願や厄除けのご利益があるこの寺院の「五百羅漢」は、日本三大羅漢の1つであり、様々な表情をした全部で538体の羅漢が鎮座しています。

アクセス

埼玉県川越市小仙波町1丁目20−1

関連リンク

関連スポット

© 2018 ANA Sales Co., Ltd.