吹屋ふるさと村

赤褐色で統一されたレトロな町並み

赤褐色で統一されたレトロな町並み

「吹屋ふるさと村」は、江戸末期から明治時代にかけて作られた、古き良き町並みが見られるスポット。昭和49年には岡山県のふるさと村に、昭和52年には文化庁から国の重要伝統的建造物群保存地区に認定されています。吹屋地区一帯は赤銅色の石州瓦とベンガラ色の外観で統一された、見事な町並みが整然と続きのんびりと散歩するにはもってこいのスポットです。

ベンガラを活かした豊富なアクティビティも

ベンガラを活かした豊富なアクティビティも

明治の頃の弁柄工場を当時の姿に復元した「ベンガラ館」や、江戸時代から大正時代まで操業した銅山を復元し、坑内を見学できるようにした「吉岡(吹屋)銅山」、映画「八つ墓村」のロケ地となった「広兼邸」などたくさんの観光スポットがあります。 江戸の町並みを残した吹屋ふるさと村は、そのレトロさが可愛く、アクティビティの一貫としてベンガラ型染めや泥染め体験もできるので、思い出を作れること間違いなし♪ (TOP写真提供元@jiji_desune)

アクセス

岡山県高梁市成羽町吹屋838-2

関連リンク

関連スポット

© 2018 ANA Sales Co., Ltd.