十和田市現代美術館

ユニークな美術館

ユニークな美術館

青森県十和田市が推進するアートによるまちづくりプロジェクト、Arts Towada(アーツ・トワダ)の拠点施設として2008年4月26日に開館した現代美術館。ひとつの作品に対して、独立したひとつの展示室が存在し、ガラスの通路で繋ぐという構成により、外観が街のように見えます。展示している作品もとてもユニークで、見応えがあります。 (チェ・ジョンファ《フラワー・ホース》 撮影:小山田邦哉 写真提供元:十和田市現代美術館)

当たり前の常識を変えてくれる

当たり前の常識を変えてくれる

常設展には、有名な草間彌生氏や、ロン・ミュエク氏など世界で活躍する33組のアーティストによる作品が展示されています。 写真は、オーストリアの作家エルヴィン・ヴルム氏によるもの。”太る”という生物としての仕組みを静的な建物にも転写した作品となっています。 (エルヴィン・ヴルム 《ファット・ハウス》 《ファット・カー》 撮影:小山田邦哉 写真提供元:十和田市現代美術館)

インスピレーションを受けられるかも

インスピレーションを受けられるかも

こちらは草間彌生氏の《愛はとこしえ十和田でうたう》。 女の子や動物など、水玉模様のカラフルで可愛らしい作品がいたるところに展示されています。等身大のものもあれば、スケールが大きく圧倒されてしまうものがあります。 また常設展スペースのほか、文化芸術活動の支援や交流を促進する拠点として、企画展スペース、カフェ、市民活動スペースなどもあるので、充実した観光ができます。 (草間彌生 《愛はとこしえ十和田でうたう》 撮影:小山田邦哉 写真提供元:十和田市現代美術館) (ロン・ミュエク《スタンディング・ウーマン》 TOP写真提供元@so__ra.07)

アクセス

青森県十和田市西二番町10−9

関連リンク

関連スポット

© 2018 ANA Sales Co., Ltd.