別府タワー

登録有形文化財!歴史ある別府のランドマーク

登録有形文化財!歴史ある別府のランドマーク

1957年に「耐震構造の父」内藤多仲氏によって設計された別府タワー、高さは90m。 名古屋テレビ塔、通天閣に次ぎ、日本で3番目に建てられた高層タワーです。 展望台skydeck17は令和2年内装のリニューアルを行い、青を基調とした別府の市街地や別府湾との調和をイメージしています。 海の展望をしながらコーヒーを飲んだり、建設当初から変えてないガラス越しに湯けむりを眺め懐かしい昭和の別府を味わうのもよいですね。

1日居ても飽きない充実の設備

1日居ても飽きない充実の設備

各階には様々な店舗があり1階には足湯をしたりお土産を買える「おおいた温泉座」や多国籍料理などを提供し週末にはDJイベントなどが行われる「クレオールカフェ」4階には南国をイメージしたカラオケ「クインーズエコー」などが入っています。 また夜に訪れる際には16階には「展望ラウンジCELINE」がおすすめ。別府の夜景を見ながらリーズナブルな値段でお酒を楽しめます。

アクセス

大分県別府市北浜3丁目10-2

関連リンク

関連スポット

© 2018 ANA Sales Co., Ltd.