偕楽園

茨城県にある梅の名所と言えば

茨城県にある梅の名所と言えば

「偕楽園」は茨城県水戸市にある日本庭園。日本三名園とも言われる有名な庭園で、毎年2月中・下旬から3月下旬に行われる約100種3,000本の梅の花が咲く「梅まつり」。 特に、大きな枝垂れ桜が咲く、有名な建築物「好文亭」の周辺はとても人気のスポットとなっています。

秋の夜長を過ごすのにピッタリ

秋の夜長を過ごすのにピッタリ

また、偕楽園もみじ谷は、例年11月上旬から下旬にかけて、約170本の紅葉が色づく、絶景スポットとなっています。日没頃からライトアップが行われるのですが、静かな庭園の中に紅葉が映し出される光景はとても幻想的。カエデやイロハモミジ、ヤマモミジなど、種類豊富な紅葉は、それぞれ異なった顔を見せてくれますよ。

まるで京都の嵐山!?

まるで京都の嵐山!?

そして、四季の花々だけではなく、隠れた見所も。 空に向かってまっすぐと生え揃う、約1,000本の孟宗竹にも注目!立っているだけでもマイナスイオンを吸収できるような、自然の生命力を体感できるスポットです。

アクセス

茨城県水戸市常磐町1丁目

関連リンク

関連スポット

© 2018 ANA Sales Co., Ltd.