京都御苑
戻る

京都御苑

京都府京都市上京区京都御苑

江戸時代から盛りが続く由緒正しき公園

江戸時代から盛りが続く由緒正しき公園

「京都御苑」は江戸時代から続く由緒ある町を、明治以降に公園として整備した土地です。そのため、優美な佇まいの旧公家屋敷跡や庭園等歴史的遺構などが残っています。 園内には百年以上の樹齢を持つ木々が高くそびえたち、圧巻です。京都に来たら、自然豊かな京都御苑を散歩しに行きましょう。 春になると、シダレザクラやヤマザクラ、梅、桃などの多くの花が咲き、多くの人が訪れます。ピンクで華やかな花を見ていると、秋には紅葉が赤く色づき、冬には蝋梅の花が四季折々の変化を見せてくれるので、散歩をするだけでもリフレッシュ出来ますよ。 (写真提供元:環境省京都御苑管理事務所)

森の中にひっそりと腰を下ろす、小さな図書館が見られるのはこの公園だけ

森の中にひっそりと腰を下ろす、小さな図書館が見られるのはこの公園だけ

園内は広く、東西約700m、南北約1,300mの広大な敷地なので、とても見ごたえがあります。中には水生生物や野鳥なども活動をしているので、自然と目いっぱい触れ合うことができるのも、この公園の魅力です。「母と子の森」には、小さな図書館というスポットもあり、いくつかの本を読むことが出来ます。 (写真提供元:環境省京都御苑管理事務所) (TOP写真提供元:@dem22san)

気になる写真をライクしよう
© 2018 ANA Sales Co., Ltd.