ロームイルミネーション
戻る

ロームイルミネーション

京都府京都市右京区西院溝崎町21

ロームイルミネーション

京都の半導体・電子部品メーカー「ローム」の本社周辺で毎年行われる、京都市内最大級のイルミネーション。20回目を迎える2018年は12月25日(火)まで開催。本社の敷地に面したメタセコイア並木道の「光のプロムナード」をはじめ、約86万の電球が周辺を幻想的な空間に変える。京都の夜を彩る風物詩となっている。

子どもから大人まで楽しめる

子どもから大人まで楽しめる

イルミネーション期間は音楽に合わせたイルミネーション・ショーなど、子どもから大人まで楽しめる催しも多数。子どもたちに人気の「不思議なきいろいドア」は、本社南側の名倉公園に土日祝限定で登場。ドアを開けると、少し不思議でワクワクする体験が楽しめる。公園内の木々も煌びやかにライトアップされる。

ヤマモモの木

ヤマモモの木

ロームイルミネーションは使用する電力の100%を、自然エネルギーで発電されたグリーン電力でまかなう環境に優しいイベント。写真は、イルミネーションの玄関口にあるシンボルツリー「ヤマモモの木」。特徴的な丸みがある2本の木が、白色LEDを基調とした光で彩られ、五条通りと佐井通りの交差点で迎えてくれる。

気になる写真をライクしよう
© 2018 ANA Sales Co., Ltd.