アンチ浜(瀬底島)
戻る

アンチ浜(瀬底島)

沖縄県国頭郡本部町瀬底

地域情報

本部町と瀬底島の間にかかる瀬底大橋を渡ると、真っ青な海の先に、一際青のグラデーションが美しい海が見えてくる。アンチ浜のビーチでは、その美しい青を目の前にマリンスポーツや海水浴が楽しめる。夏はもちろん、冬でも青い海が望める、沖縄でも屈指の美しいビーチとして知られる。

夏の楽しみ方

夏の楽しみ方

夏の間だけ、海の家がオープンし、そこではタコライス、カレーライス、沖縄そば、かき氷など軽食類を販売する。ほか、マリンスポーツを楽しむためのうきわ、水中メガネをはじめ、シュノーケル、足ひれなどもレンタルされる。青のグラデーションが美しいので水の中の世界に夢中になってしまいそうだが、監視員がいないので十分に気をつけよう。

ビーチから突き出した桟橋

ビーチから突き出した桟橋

瀬底島の東に位置するアンチ浜を二分するようにビーチから突き出した桟橋が離島の情緒を盛り上げてくれる。ブルーの海から視線を上げると、対岸には本部町の港と八重岳を望むことができる。桟橋付近は特に海の色がクリアで、近所の子供たちの格好の遊び場に。沖縄本島から車でアクセスでき、那覇空港から約1時間40分でこのブルーの世界が広がる。

関連リンク

気になる写真をライクしよう
© 2018 ANA Sales Co., Ltd.