まだま村

縄文時代にタイムスリップできる、竪穴式住居

縄文時代にタイムスリップできる、竪穴式住居

「まだま村」は、大阪府にある縄文竪穴式住居をモデルにしたイベントスペースとカフェが入った施設です。まだま村には、実際に200年前に人が住んでいたといわれる、竪穴式住居が残っています。それだけはなく、当時の人々の暮らし体感できるカフェがあったり、いっきに縄文時代にタイムススリップできるのです!

当時の暮らしをじっくりと体感したいなら、「まだまだ村カフェ」で。

当時の暮らしをじっくりと体感したいなら、「まだまだ村カフェ」で。

カフェの中には、囲炉裏や和室があり、暖かみがあります。室内の柱には、200年前の民家20軒分の古材を使用しているのだとか。実際に触ってみて、その頑丈さにびっくりすることでしょう。そしてなんとこのカフェ、180名という大人数を収容することができるのだそうです。

素朴で優しい味のカフェメニューに、心もほっこり

素朴で優しい味のカフェメニューに、心もほっこり

ランチメニューは、野菜や玄米が使われていて、優しい味わい。調味料は無添加のものを使用しているので、健康に気遣ったランチができます。 天然のフルーツを使用したジュースや、甘さ控えめのスイーツも人気なので、ぜひ食べてみてくださいね! (TOP写真提供元: @megumi__tomita)

アクセス

大阪府茨木市大字千提寺428

関連リンク

関連スポット

© 2018 ANA Sales Co., Ltd.