ひろしま美術館

テーマは“愛とやすらぎのために”

テーマは“愛とやすらぎのために”

広島県でちょっぴり変わった観光をしたいなら、印象派を中心としたフランス近代美術と、日本洋画や日本画などの日本近代美術コレクション、約300点を所蔵している「ひろしま美術館」がおすすめ。 路面電車・広島バスセンターより徒歩5分と、誰でも気軽にアクセスしやすいのが魅力のうちの一つ。 1978年に設立された歴史ある美術館は、世界遺産である原爆ドームをイメージした丸いドーム型の展示室と、厳島神社をモチーフにした廊下が特徴的です。 (写真提供元:ひろしま美術館)

世界的に有名な画家の作品が陳列

世界的に有名な画家の作品が陳列

第一展示室から第四展示室、本館ホールまでロマン派から印象派を代表するモネやルノワールの作品、ポスト印象派と新印象主義を代表するゴッホやセザンヌの作品、フォーヴィスムとピカソの作品などがずらりと作品が並んでいます。 それ以外にも、黒田清輝、岸田劉生など日本の近代洋画を代表など。 名画の撮影ができるので、特別な思い出が残せますよ♡ (写真提供元:ひろしま美術館)

作品をもっと身近に感じられるイベントも

作品をもっと身近に感じられるイベントも

他にも、時期によっては音楽演奏家を招いたミュージアム・コンサートや定期的に入れ替わる特別展イベントなどが開催されています。 また、ひろしま美術館正面入口の前庭にはピカソの息子・クロード氏より贈られた「マロニエの木」や、広島のシンボルと言える錦鯉(カープ)が泳ぐ「マロニエの泉」があります。少しお散歩するだけでも心が洗われるはずです。 自然と洋画が調和する美術館へぜひ足を運んでみてください。 ※2020年10月~12月の間、補修工事のため休館致します。 <実際にひろしま美術館に行ったユーザーの口コミ> 私が惹き込まれたのは、アリスティド・マイヨールの「ヴィーナス」です。 女性の体の優美さが現われていました。 (写真提供元:ひろしま美術館) (TOP写真提供元:ひろしま美術館)

アクセス

広島県広島市中区基町3-2

関連リンク

関連スポット

© 2018 ANA Sales Co., Ltd.